スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔法科高校の劣等生16 四葉継承編 読んだ

魔法科高校の劣等生 (16) 四葉継承編 (電撃文庫)
魔法科高校の劣等生 (16) 四葉継承編 (電撃文庫)

以下感想というより散文。
いつもの他愛のない生徒同士の会話から始まる訳だけど、強引に作り上げられた
「書記長」という役職、やっぱりしっくりこないね。。。

とまあどうでもいい話は置いておいて、今回の話まとめてしまうと、
深雪が四葉家次期当主と正式に決定されて、四葉家本邸に向かうのを妨害されつつ、四葉家へ向かうも
達也出生時の秘密を明かされ、真夜には、達也と深雪は兄妹ではないという「嘘」を言われ、深雪は調整体であると
暴露され、最後には、達也を真夜の息子ということにして、深雪と達也を婚約者とする。
という話。

いつもにまして今回の話はぶっとんでた・・・。(褒め言葉)←胸焼け注意
ただ久しぶりに前半はバトル回となっているのでバトル部分が好きな人は楽しめるかと。

序盤の深雪の自問自答には、まぁ皆多分「知ってた」という感想だと思う。
アニメでも小説でも、どう見ても達也に対して親愛以上の好意を持って接してるだろうと
達也以外と結婚とか絶対に無理と。

妨害工作に関わった国防軍の新人、速攻消されてるやん(名前は明言されてはいなかったが)
スターズの話の時で既に四葉家にかかれはどんな大きな組織だろうと相手にならないんだろうなと

一軍人なんて話にもならないなとわかっていても、、、怖いなという印象だね。
用がなくなれば即消されると。消すこと自体が目的だった気がするけど。
口実が出来てラッキーという。
もしくは現場で達也に殺されてるんだろうな。
明言してないうえに全滅もしてないのでそのへんは曖昧だな。

妨害実行部隊の雑魚たちも、八雲や柳と比較されるのは可愛そうすぎるな、あれは達人中の達人だし、
警察の電波を傍受する外見だけ市販で中身は違う、独立魔装大隊(真田+藤林)の技術力半端ないな。

この部隊はほんとうに優秀な人材が集中しすぎてると思う。
一般レベルで優秀な軍人が雑魚化してるし。

黒羽の貢は本当にわかりやすい敵だわー。息子、娘はいいやつなのに。
しかし達也一人の行動で、対日軍事同盟とか反対に協力とか影響力がはんぱないしそれでいて秘匿された魔法師の
ままだというのがある意味すごいな。

いろいろ突っ込みどころはある話だったけど
深雪と達也の魔法封印の謎のオースという魔法が解説されていたし
深雪の為の達也という存在の真実も語られていたし(一応つじつま合ってる)
それでも完全とは言えないだろうと個人的感想というか深雪は多分達也が暴走したとしても多分止めないと思う。

保険にすらなっていない。

達也が深雪の婚約者となる意図とか一応長々と語られていたけども、矛盾はないように感じたけど
ほのかと一条の行動が次巻で気になるわ。

今回の話は感想にするとネタバレが酷い・・・ネタバレ大部分書いた気がするような気もするけど。
突然今回で現れたと思ったら突然報われた奴とかもいるし。

ただ言えることは四葉家の子供たちは別に達也を軽んじてはいない、ただ
四葉の大人たちが、アレルギー反応のように達也を意識して、分家、本家に関わらず子供たちが振り回されていると

今回達也の立場が公に決定したことによりそれも終息した模様。
一応区切りらしいので、次からの話は新展開になるんかな。

一言で今回の話を締めるなら「合法兄妹婚」ということだな。
個人的に言うならば、あまり報われてほしくない関係だけど。
ほのかか真由美で落ち着いて欲しいと思ってるんだけどな。。。
個人的には香澄が好きだったりする。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/10 (Sun) 13:11 | # | | 編集
Re: タイトルなし

Re: タイトルなし
> いつもまとまった感想で楽しみにしております。
> 僕も昨日読みましたが
>
> 教えて欲しいことがあります。
>
> 光宣を調整体だと見抜いた達也が
> なぜ妹のことがわからなかったのか?
>
> 微妙にふに落ちていません。
> 他の方はどうやって納得しているのか?
>
> それが知りたいです。

コメントありがとうございます

光宣を調整体を見抜けたのには、精霊眼を使ったからに他ならないけれど
相子体の現在を視た結果、器である相子体の強度に問題があると解った訳だけど
(魔法力そもそもが強すぎる)
そして響子との関係から調整体と解ったんじゃないかな。
異父兄弟=母が同じで父が同じである事を指す言葉だけど
その母は光宣の父の実の妹
→藤林響子(26)、光宣(16)年齢差丁度10歳。
正確な逆算は親の年齢がわからないので断念。
年齢差からの逆算を疑ったけれど相子体のアンバランスを達也自身が明言しているから
調整体だと理解したのは構成要素と相子体だと思う。

そういえば15巻にて光宣が調整体であることを深雪に打ち明けるシーンでは
自分のことのようにショック受ける深雪。
近しいDNAだと相子体に不具合が生じることに対する物だけど、
16巻の今回のことに対する伏線とも取れるよね。

さて本題
深雪が調整体という根拠はというと、真夜が勝手に言ってるだけと現在は言わざるえない
深雪ほど左右対称で完璧な人間が普通に生まれる訳がないというのも根拠はないよね。
深雪のための達也より達也のための鍵としての深雪という根拠の方が合理的ではあると思います。
話を戻して、調整体と気づけなかったかどうかだけど「心当たり」はあったと思われる
深雪の体は、父母の生殖細胞を構成要素としている。だがそれだけでは説明がつかない要素が混ざっている
のも確か
という描写がある、深雪の身体に有害ではないから自然な突然変異として解釈していたという描写もある
つまりは、気になる箇所はあったけれど有害ではないから自然現象の突然変異だと思っていたという事だと思う

→有害ではないからそれ以上調べなかったことがそもそも気づけなかった原因とも取れる。

ただ気になる事もある、この一連の嘘と調整体であるという暴露は真夜の隠し玉である、
といっても、達也が叛逆せず、深雪が当主を受けるための秘策、
つまり深雪は達也のためならば当主を受ける→ならば達也のためになる必要がある→現在の達也の立場の改変
ということだと思うから、そのためには、当主のガーディアンor当主の婚約者にする必要があった。
そこから見えてくるのは、解釈の仕様によっては、調整体騒動はどこまでが真実か?という事だと思う。

現在提示されている情報から読み解くと、調整体であることは真実と言わざる得ない、達也の精霊眼により深雪には自然現象では説明の出来ない因子が存在する。→だから真実?と取れる。

今回の話は特に真実かどうかわからないようにされているきがするけれど、真夜の言動を信じる方が
良い意味で作家に騙され、今後を楽しめるような気がします。

今回の騒動により、一条将樹と三井ほのかと深雪と達也の関係などなど。

2015/05/12 (Tue) 03:31 | 兄貴 #- | URL | 編集
管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2015/05/21 (Thu) 03:56 | # | | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

管理人の承認後に表示されます

2017/01/03 (Tue) 21:27 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。