スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久々の感想とあけましておめでとうございます。


魔法科高校の劣等生 (14) 古都内乱編 (上) (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 (14) 古都内乱編 (上) (電撃文庫)
(2014/09/10)
佐島勤

商品詳細を見る


以下感想
久しぶりに読んで空いてるから少し忘れているところとかありそう。
小説内世界の時間が早いこないだ横浜騒乱戦にて大黒特尉として戦ったばっかりだというのに
もう一年経過してる。

今回は相も変わらず達也が忙しい話。
トラブルメーカーぶりも半端ないな。とはいえ今回は今までとは違って巻き込まれたと言うよりも
四葉本家によって意図的に持ち込まれた感じで話が始まるけれど、その発端は横浜騒乱にて一条将輝が取り逃がした
周公瑾の捕縛だから全く無関係でもないみたい。

最近は独立して一巻完結というよりも少しづつ繋がってたりする。
横浜騒乱編と来訪者編とスティーブルチェースと古都内乱編で敵とかがね。別々のところで発生した敵が
結局一つの者となってる。
横浜は大亜連合、来訪者編ではパラサイトとスティーブルチェースではパラサイトの実験によるパラサイドールその時の
他国の協力者とそれらと周をかくまった古式魔法師伝統派と。

それはさておき、今回の話は、下巻が主な戦闘の話になりそうな感じで今回はどちらかといえば
種を巻いてる感じの話、日常と平行して四葉としての仕事をこなしている達也という。
だから感想といっても特に大きな動きはないね、戦闘の舞台が京都ということと、
スティーブルチェースだったかなでの藤林少尉との貸し借り清算のために九島閣下と協力関係を築き、
更に古式魔法師たるミキにも協力を仰ぎ今回は、九重師匠も味方の護衛という立場での協力、さらにさらに
今回はダメ押しの四葉家本家からの増員で仲間の護衛が次巻で増える模様。

達也が情報収集と根回しをしている間に、大きな動きもなく七草真由美の護衛だった名倉があっさりとしんでしまった。

その結果真由美がその死に疑問を持ち達也に相談に来たという感じで上巻終わり。

ほんと話自体はそんなに進んでないのよね。
仕事が舞い込み→合間に達也は新魔法の開発とコンペ準備→突然襲われる→九島閣下と協力要請
→襲われる→みのると拠点探索→帰還→情報部に横取りされて101は関与不可→美月が襲われる
→達也に詰め寄るミキ→ミキも協力→名倉死亡→真由美が一高訪問

うつらうつらと書いてるから抜けてそうだけどそんな感じ、今回の見せ場ってたぶん
九島みつるの魔法の披露と本編参入と摩利の本編顔出しと真由美の本編再登場(メインで)
だと思う。

余談も余談でミキがすごくいい人感でてるちょっとした会話やフラグ立ちまくってるのに悉くへし折るでもなく
スルーするミキが少し歩み寄った感じというかエリカに後ろから足蹴にされた感じのエピソードや
(もうつきあえよ)
ところ変わって大学にて真由美が名倉死亡を知って憂鬱というか憤慨してるところで摩利に十文字か達也に
助けを求めろと指摘されて真由美が達也に好意を持ってる感じでこっちもフラグが立った訳で。
ちなみに京都にて水波が一方的にみつるに好意を抱いていて、
そんな感じでいたるところでフラグが立ちまくった巻でもあった。

達也きっとフラグはへし折るんだろうけども。
個人的には香住が好きだけど全然出てこない、カップリング的には真由美とくっついてほしいなと。

そんなこんなで10日発売の下巻が気になる。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。