スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[読んだ]魔法科高校の劣等生13 スティーブルチェース編


魔法科高校の劣等生 (13) スティープルチェース編 (電撃文庫)魔法科高校の劣等生 (13) スティープルチェース編 (電撃文庫)
(2014/04/10)
佐島 勤

商品詳細を見る


九校戦二年度の部だけど、
九校戦の競技に触れる事が殆どない、結果。
黒羽兄妹とか七草姉妹とか一条・吉祥寺とかその他もろもろに見せ場がない。
折角の晴れ舞台なのにね、そこを描写とかしてたら九校戦編みたくなるから二番煎じとか言われそうだけど。

今回は悪役方面が胸糞。
国防軍の内輪に生徒が巻き込まれたに近い形だし。
今回は今までの中で特に色々な思惑が絡み合っていて人間関係が複雑だった気がする。
国防陸軍の大亜連合強硬派とか国防陸軍第一○一旅団とか九島閣下をはじめ第九研とか
四葉・黒羽家とか、藤林の立場とか風間の立場とか、黒幕の周公瑾とか。

この作者は色々絡めるのが好きらしく複雑になる。

今回は主に達也の孤立無援の四面楚歌状態だった感。
主に半分仲間であったはずの一○一旅団が胸糞だったわー。
まー老師が絡んでいたら仕方なかったような気がするが。

非情なイメージだった九島閣下の意外な一面が見れたり。
逆に柔和なイメージだった響子や九重師匠の意外な一面も見える。

今回ほど達也が不憫で巻き込まれた被害者だと思う話も今までにはなかった。
情動のないはずの達也が段々と人間らしくなってる気がするのは気のせいだろうか。

こういう心がない系とか最強系主人公って、だんだんと心を取り戻したり、その結果
段々と弱くなったりするのがセオリーなんだけど今後その辺りどうなんだろうか。

この作者なら強いままの気がするけど。

あと余談だけど、聞いたこともない名前のキャラ、つまり新キャラ出すなら見せ場やろうや、
名前だけだして何もないというカワイソウな奴が数名いた。。。

サブエピソードの短編で見せ場あることを祈る。

あと服部先輩と達也が普通に会話できる仲になっていたことに驚き。
立場上かもしれんが達也に大丈夫かと気遣い場面もあって好転した模様。

文字を追ってて服部先輩と克人が被って見えたけど、段々と克人化してる服部先輩。

次巻まで一か月か。それまで何読んで過ごそうかな。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。