スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[読んだ]魔法科高校の劣等生9 来訪者編(上)


魔法科高校の劣等生(9) 来訪者編<上> (電撃文庫)魔法科高校の劣等生(9) 来訪者編<上> (電撃文庫)
(2013/03/09)
佐島 勤

商品詳細を見る



以下感想
感想といいつついつも感想してないけど
今回は特に、感想にやりずらいなー。
巻が上中下に分かれている上に進行としても微妙なところ。

雫が留学して十二使徒の一人であるリーナが日本に来たけれど。
戦略級と言いつつもエリカに追い詰められたり、フルスペックじゃない達也に追い詰められたりして
「あれ?」って思ったり。
まぁ戦略級の魔法をぶっ放したら日本列島なくなりそうだけど。
リーナもまた通常スペック状態なんだろうと。

吸血鬼に捜査協力の末に被害にあったレオだけど。
敵が適合者を探している辺り、レオら辺になにかしらの変化というか覚醒?というか
そういう変化がありそうな予感、おそらく敵となって暴走とか。

達也辺りの前に立ちふさがると躊躇いなく処理されそうだな。
リーナといい達也といい、戦略級の魔法師は皆躊躇なしなのね。

エリカとレオのフラグが立ちまくっているからなー。
いろんな意味で。
素直じゃないエリカが大暴走してたなーと思う巻。

まぁ珍しく八雲師匠が表だって行動してたのが意外。

あとは四葉が意外と簡単に接触制限解いたなーと。

個人的に好きな雫とかの出番がなくて残念。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。