スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中二病でも恋がしたい!「1話」感想。

tyuuni1.jpg

「闇の炎に抱かれて消えろ」って何だっけって思ったら。
そうだテイルズの秘奥義の台詞。
懐かしいー。日常会話で決め台詞って痛いよ。
専門学校でそんな奴いたけれど、痛すぎて遠ざけてたもの。
リアルでいるのもなんとも。

アニメ見るまでは、主人公も登場人物も皆中二病者で痛い、馬鹿設定な
愛すべき物語的な物を想像してた。

主人公は痛くない(いや痛いけど)。
厨二病じゃない部分で痛いけれど。
ヒロインがもっとドきついw

台詞が予想の斜め上行き過ぎて大変。キツイです。

後半、主人公の受難。
折角のクラスの食事会なのに中に病の小鳥遊のせいでいけなくなるとか
可哀想な主人公。
中に病というより子供の相手をしているパパさんみたいなイメージ。

小鳥遊は小鳥遊で勿体無い。普通にしていれば可愛いのにな。

音楽のせいで凄くシリアス風になってるけれど。
全然シリアスじゃない。

絵と音楽・歌がいいのは京アニ、相変わらずっと。
設定とかシナリオとかがアレなのも相変わらずっと。
クラナドは別ねあれはいい意味で論外。

しかし中二がここまで続くとこんなにもきついものなのか。
現代・日常の中で聞くからキツイ。

そして余談、拗ねる母親が可愛い。
関連記事
スポンサーサイト
Category: 過去の記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。