スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷菓20話感想。

new_[한샛-Raws] Hyouka #20 (TVS 1280x720 x264 AAC)
真夏にアニメの季節が冬でしかも正月だと不思議な気分。
「あきましておめでとう」
これが伏線的なタイトルだとは思いもよらなかった。
千反田えると共に折木奉太郎は正月に伊原摩耶花の巫女姿を見に。
そして千反田えるの着物姿を見せびらかせに、後、千反田えるの家の事情で
お酒を神社に届けに。

そして摩耶花と神社の十文字にも挨拶も終えて、
十文字の手伝いで蔵に行く二人。
そして蔵と間違えて納屋に入ってしまう折木奉太郎と千反田える。
入ってから指摘されて結局閉じ込められる二人。

千反田えるが、蔵に行くときに「俺も行こう」っていう折木奉太郎を見て
折木も変わってきたなとか思ったのにまさかの伏線だなんて。

new_[한샛-Raws] Hyouka #20 (TVS 1280x720 x264 AAC)2
まだ俺も検証していない案が四つもあるという折木奉太郎。
しかし意外と野蛮かつ単純な破壊工作を目論見速攻千反田えるに止められる。
そりゃそうだ。

しかし叫んで助けを呼ぼうとして恥らいながらも折木を止める千反田える、可愛いな。
めんどくさい家柄だな千反田家。

結局おとしものを巾着袋で底と入口を塞いで、「袋の鼠」という意味になるという
誰が気づくんだ。
福ちゃんすごいな。

new_[한샛-Raws] Hyouka #20 (TVS 1280x720 x264 AAC)3
おまけの「あきましておめでとう」な二人と。
折木の「凶」のおみくじ。
関連記事
スポンサーサイト
Category: 過去の記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。