スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文学少女、メモワールⅠ

new_天野遠子
メモワールⅠの感想。
すごく今更だけど。
話的には原作一巻死にたがりの道化よりも更に前。
遠子先輩が無断設置した恋愛ポストを設置した経緯。
と言いたいところだけど。
それに関してしては殊に書く事もなし。
登校中に遠子先輩を見かけると突然思いついたようにゴミを漁る。
そして鳥の巣の木箱を見つけると嬉しそうに嬉々としてそれを胸に抱え
学校へ。

――多分遠子先輩の思いつきで設置したんだと思う。

あとは劇場版では無かった、原作の空気を味わえる、
心葉は遠子先輩のおやつとなる、三題噺を書く。
書いているあいだに今読んでいる本の薀蓄を話す遠子先輩。

この原作でなくてはならないシーンを動画で観れるのは嬉しいね。
なんでこれを積書してたんだろうか。
このテンションのまま全部観てしまおう。

追伸:心葉の嫌がらせ敵にとんでも展開の三題噺を不味そうに食べる
遠子先輩が可愛い。毎回、毎回こんなもの食べさせられて下痢にならない遠子先輩は
腹がとっても強い。
関連記事
スポンサーサイト
Category: 過去の記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。