スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスマルカ興国物語Ⅳ


新たな紋章の所在を掴んだマヒロ王子とその一行。
今回の舞台はゼピルム共和国。
ゼピルム共和国にて、今回もまた大変大変。
そして変態も出るよw

みんな大好きゼンラーマンそして。
本家大元のゼンラーマンもw
二代変態の共演です。誰得?w
こーいう変態を見ると(読むと)
有沢まみず先生のいぬかみっ!を思い出す。

先読みの魔女って俺よく知らないのだけども
林トモアキ先生の別作品からの登場らしいですね。
この妖怪がなにやら食わせ物で魔法みたいなのを使って
記憶飛ばしてしまうからまた厄介。

いつも思うけどこの作品、ストーリー的にまったくもって
進行しませんね。
いつになったら帝国と戦うのか、もしくわ帝国の思惑を阻止するのか。
マヒロパパの心境はどうなんだろうとかw

今回進んだことってRPGよろしくにイベントアイテム集めですよね。
そして伝説の魔剣を抜いたらそれを守りしボス、イベント戦闘が始まりました。
みたいな展開に思えたw

ゼピルムは今度また敵になりそうだw
そして、この裏切り展開は想像できなかったな。
マヒロのした事ってw
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想 | Genre: 本・雑誌
Category: 林トモアキ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。