スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミスマルカ興国物語Ⅲ

32129896.jpg
ミスマルカ興国物語第三巻

二巻のはた迷惑な?勇者選定から三週間後
紋章の有りかが発覚した。
場所はヴェロニカ商工同盟。


やっと本格的に物語が進みはじめた感じ。
地震により発掘された紋章、それがサフィナ領家にあるという
情報を掴んだマヒロ以下一同。

そしてあれよあれよという間に紋章と思しきソレはキャラバンレースの
優勝の景品になってしまった。

衆人環視の元、マヒロ王子達は堂々と優勝しないといけない。
そのレースを開始するに当たって、ミスマルカからエーデルワイスよ呼び寄せて
馬車整備の親方達も呼び寄せて、たまたま偶然居合わせていたシーナを拉致
同然にチームに参加させるという強行手段。

そっから先はマヒロ節。
エーデルワイスもお忘れなく、この人怖いw
レースは結構な力技。マヒロはレースの妨害。

前巻から出てる長谷部沙耶香はともかく。
キャスティア、ファ○クとか言ってる文学少女はないと思う。
どう見ても体育会系。

例のモンスターバイクでジープ?バギー?を撹乱するマヒロはやはり・・・。
命知らず。

弁論パートは、一巻程の鬼気迫る感じも迫力もなかったけど、
チカ様の思わぬ大活躍。
マヒロが見る世界とは別の視点を持つチカ様。

マヒロのように穿ったような感じではなく、
一見見て弱々しいけど潜在的な芯の強さを感じた。

もっとチカ様活躍させてもよかったような。
ところで今回誰の回?マヒロも言うほど活躍したっけ?
キャラバンレースは活躍したけど。
弁論パートはチカ様あってこそだったし。
関連記事
スポンサーサイト
Theme: 読書感想 | Genre: 本・雑誌
Category: 林トモアキ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。