スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近の小説に思うこと。

と大層な題目を掲げてみたものの、個人的な独白に近い。

最近な小説はキャラを出すだけ出してぽいっとされてるようなそんな気がする。
1冊に一人一人掘り下げてとかしてると、問題はないかもしれないけれど。
それもせずみたいなのが多いかな。

風呂敷を広げるだけ広げて畳もうともしない作品とか。
あまりに広げられると作品としてだらだらとしてくる。

古典部シリーズは個人的に高評価。
限られたキャラ数でミステリー要素があり、
キャラエピソードを入れなくとも、普段の会話、トラブルで
キャラクター達の性格が浮き彫りとなってくる、個人的に
そーいう作品は好きです。

掘り下げることでキャラ達の性格がわかってくる
文学少女シリーズも好きです。

こーいう作品がもっと増えてくれるといいなーとか思っています。

小説ではないけれどアニメでいうと
けいおんは個人的には何が面白いのかわからない。
終止だらだらしているだけな作品だよね。
絵は良いけど、それ以外何がいいの。
ストーリーちぐはぐだしーさっぱりだと思う。

関連記事
スポンサーサイト
Category: ブログ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。